育児

【クーポンあり】キッズライン ベビーシッター利用はいくらかかる?注意点は?

 

こんにちは余暇です。

今回は使った良かったサービスのひとつ、ベビーシッターサービス「KIDS LINE(キッズライン)」についての記事です。

実際に使った経験を踏まえて、実際どのくらいお金がかかるのか、利用する際に気をつけてほしいポイントをご紹介します。

また、利用料金が3000円オフになるクーポンコードも記載しておきますのでぜひお見逃しなく♪

 

 

キッズラインってどんなサービス?

 

国内最大級No.1のシッターサービス「KIDS LINE(キッズライン)」

キッズラインは、保護者とベビーシッターのマッチングサービスです。例えば何か急用が発生してベビーシッターに来てもらいたい時、希望日時に行けるベビーシッターを検索・依頼できるのです。

登録されているシッターさんは身元や経歴の確認後、面談と研修をクリアした方だけ。さらに保育士さんや幼稚園教諭、看護師資格など頼もしいシッターさんが多数登録されています。

 

利用料金はいくら掛かるの?

まず登録は無料、月額料金も一切かかりません。

利用料金は下記4つの合計で計算されます。

  • 基本料金(1時間あたりの金額×利用時間)
  • オプション料金
  • 手数料(保険料や消費税など)
  • 交通費

 

オプション料金とは、例えば二人同時に預かる場合は+500円、早朝夜間は+1000円など、各シッターさんが設けているプラス料金でお願いできる追加サービスです。

交通費についても、依頼者の負担になりますので、なるべく近場で探すのと得です。

 

注意ポイント

基本料金は1時間1,000円(手数料別)〜と公式に書かれていますが、この金額設定は個人差があります。1,000円でお願い出来る人もいれば、2,000円の方もいらっしゃるので一律料金ではありません。

 

各種補助金制度や割引でお得に使えるケースも!

ベビーシッターの利用料金は決して安くありません。

そこで利用したいのが福利厚生のサービスや割引制度、自治体の助成金です。

 

割引制度の例

東京都福祉事業局では「ベビーシッター利用支援事業」として、待機児童の保護者がこどもが保育所等に入所できるようになるまでの間にベビーシッターを利用した場合、そのお金を助成する制度を設けています。

また、企業主導型ベビーシッター利用者支援事業として、会社がベビーシッター利用料金の一部を負担してくれるという割引制度もあります。お勤めの会社が導入しているかどうか確認してみるといいでしょう。

 

 

実際に4時間利用してみたときの金額は?

 

1時間あたり1700円のシッターさんなので基本料金が1700円×4=6800円

オプションなし、かつ同駅の方なのでここは0円

手数料を加えて合計で8,296円でした。

 

これは実際かなり安いほうだと思います。基本料金が2000円以上の方もいますし、遠方になれば交通費だけで+1000円くらいかかってしまいます。

だからこそぜひ割引制度やクーポンを使ってお得に利用したいところです。

 

余暇(yoka)
そんな「キッズライン」、会員登録してすぐサービスが使えるわけではないんです。実は、依頼するためには登録後やらなければいけないことがいろいろあります。

 

 

キッズラインに登録したら必ずやる3つのこと

 

  • キッズラインには(実際に使いたい日の直前ではなく)前もって登録しておく
  • 実際にシッティングを利用するための事前準備を済ませておく

 

具体的になにをすべきなのか、なぜそうすべきなのかご説明します。

 

プロフィール登録をする

プロフィール登録として、事前に入力しなければならない項目がたくさんあります。

例えばこどもに関しては「名前」「生年月日」などの基礎情報に加えて、「アレルギー」や「持病」についても記載が必要です。これらは安全なシッティングのために相互認知が必要ですよね。

他にも各家庭でのルールや家族構成、ペット情報、住居形態や掃除の頻度、子どもの写真や保護者の写真、自宅へのアクセス(最寄り駅からの行き方を文章で説明する必要があります)など多岐に渡った入力項目があり……急いでいる時は思わず「多いわ!」と言いたくなってしまいます(笑)

なのでぜひ、時間に余裕がある時やっておきましょう。

 

 

シッターのお気に入り登録をする

キッズラインには「お気に入り」登録機能があります。

自宅近辺で利用可能なシッターさんがどのくらいいるのか検索して、気に入った人をあらかじめお気に入り登録しておくと良いです。

 

ポイント

「早朝・深夜対応可能」「病児・病後児可能」「送迎サポート対応」「家事も頼める」などその人それぞれ何に対応しているか細かく書いてくれていますので、ひとりだけでなく複数登録しておくと便利です。

いざ使いたい!となった時に一から検索するのではなく、病児可能で近くに住んでいるシッターさんをお気に入りからすぐ探せるので、とても効率的です。

 

さらに、お気に入りに登録したシッターさんがスケジュールを登録すると通知が来ます。

だいたい向こう一ヶ月くらいを登録してくれることが多いので、すでに頼みたい日が決まっている場合はいち早くお願いすることができます。

人気のシッターさんはスケジュールを出すとすぐ埋まってしまうこともありますから、そういう意味でもお気に入り登録は事前にやっておくことをおすすめします。

 

 

事前面談を済ませる

キッズラインには事前面談というシステムがあります。

実際のシッティングの前に、自宅に来てもらってお互いをきちんと知るためののものです。

いくら丁寧にプロフィール作成をしても実際会うと印象が違うということはあります。保護者にとってはシッターさんがどんな人なのか、シッターさんにとっては預かる子がどんな子なのか、実際会って面談をします。

 

注意ポイント

初回のシッティングと同時でOK(たとえば事前面談1時間+シッティング2時間など)のシッターさんもいますし、必ず別日で事前面談をお願いしますというシッターさんもいます。

親としては、はじめましての人にいきなり長時間預けるのは心配になりますから、できれば利用したいシッターさんとは「事前面談」まで済ませておくと後々スムーズです。

 

 3000円オフ!? お得なクーポンを取得

 

クーポンを利用すると、キッズラインで使えるポイントが3000pt付与されます。

つまり利用料がなんと3000円引きになります!

コードを入力するだけでお値引きされますのでぜひご利用ください。

紹介クーポン

kids_7636585435

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はベビーシッターサービス「キッズライン」についてご紹介しました。実際に何度か使っていますが、とても便利です。特に病児対応可・当日依頼可なシッターさんの存在にとても助けられています……!

ぜひクーポンを使ってお得に使ってみてください♪

余暇(yoka)
このブログでは子育てママに向けて
日々情報発信中です〜



 

よく読まれている記事

保育園の入園準備 1

保育園の入園準備とはいつからいつまでに何を準備すればいいのでしょうか?家庭で手作りする必要がある毛布カバーなどについても解説します。その他あると便利なグッズについても。お名前スタンプはあるのとないのでは作業効率が段違い!?

2

手数料最安でドル転するなら住信SBIネット銀行がオススメです。スクショを使ってドル転のやり方を徹底解説!さらにETF購入画面までフォローします。この記事を読めば誰でも簡単に最安で米国株投資ができるようになります。

3

人気の室内遊具「アンパンマン」のジャングルジムや滑り台のパイプ外し、その代用品についてご紹介します。100均で売っているもので代用が可能だったので、その方法を写真付きで解説します。またこの記事を読めば、外箱へのきれいな入れ方もわかります。

4

「子どもが噛む、叩く」「食べもので遊ぶ」「お風呂やトイレで危ないことをする」1歳7か月のリアルな悩みとその対処法をご紹介します。いくら注意したり怒っても、笑うばかりの息子。ただ怒鳴るのではなく、ポイントを押さえて注意することで改善が見られるようになりました。

 

 

-育児
-